PHP5.3にXHProf導入メモ

環境 CentOS5.5(x86_64) php5.3.3 xhprof-0.9.2 普通にpeclで入れられるっぽいが今回はパスまわりで怒られたので、ソースから。 xhprof-0.9.2のソースフォルダからextensionに移動して

phpize
./configure
make
make install

→xhprof.soをphp.iniに追加

extension=xhprof.so

ソースフォルダ直下の xhprof_html xhprof_lib をアクセス可能な場所に移動。 今回は適当なバーチャルホストを切ってxhprof_html配置フォルダをドキュメントルートにしてみた。 試しにプロファイルを取ってみたが、ダイアグラム表示の画像が出ずにエラーとなってしまった。 公式ドキュメントをみると、

dot (image generation utility): The callgraph image visualization ([View Callgraph]) feature relies on the presence of Graphviz “dot” utility in your path. “dot” is a utility to draw/generate an image for a directed graph.

と書いてあるので、以下yumで。

yum install 'graphviz*' --skip-broken

これで画像が出るようになった。 (追記) そういえばプロファイルデータはどこに出来るのだろう、と思い探してみた。 どうやらデフォルトで/tmpに出来るらしい。 明示する方法がうえちょこさんのブログ記事にあったのでphp.iniに追記した

xhprof.output_dir=/var/log/xhprof

こんな感じ。 プロファイルデータの中身は単純にserializeしたオブジェクトだが配列だかっぽい。

 


Comments are closed.