Archive for the ‘misc’ Category

muninのapache関連のデータ取得で忘れがちな点

木曜日, 2月 9th, 2012

メモエントリーです。

シンボリックリンクを追加

ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses /etc/munin/plugins/apache_accesses
ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_processes /etc/munin/plugins/apache_processes
ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_volume /etc/munin/plugins/apache_volume

httpd.confに以下を追加(これよく忘れる・・)

ExtendedStatus On

locationで設定出来ないケースもあるのでバーチャルホストで定義してしまう

#status
<VirtualHost *:80>
    ServerName 127.0.0.1
    <Location /server-status>
      SetHandler server-status
      Order deny,allow
      Deny from all
      allow from 127.0.0.1
    </Location>
</VirtualHost>

curlなどで叩いてみる

curl http://127.0.0.1/server-status

問題なければmunin-nodeをrestart


メール受信時にプログラムを叩く際の実行ユーザー

金曜日, 6月 18th, 2010
通常、このコマンドはnobodyなどのユーザで実行されるが、権限の関係で別ユーザに実行させたい場合がある。この場合は、aliasesへの記述を
foobar: "|/path/to/command"
から
foobar :include:/path/to/file
に変更し、/path/to/fileに
"|/path/to/command"
と記述する。この/path/to/fileの所有者により/path/to/commandが実行される。

(参考)メモ:Postfix-コマンドへのパイプ

結果としてうまくいったが以下二点修正

foobar :include:/path/to/file →foobar: :include:/path/to/file

実行ファイルの中身もちゃんと””で囲っておくのを忘れずに
postfixの設定で許可しておく

allow_mail_to_commands = alias,forward,include

英語キーボード関連のTips

木曜日, 12月 24th, 2009

レジストリの更新箇所


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters<

カナ入力の解除

Ctrl+Shift+CapsLock!
Ctrl+Shift+CapsLock!

大事なことなので二回。